脱炭素デキルくん 脱炭素デキルくん

おすすめコンテンツRECOMMEND

  • 脱炭素デキルくん
  • 脱炭素デキルくん
  • 脱炭素デキルくん

脱炭素デキルくん
個人や投資家の皆様と
「脱炭素」をつなぐ
クリーンエネルギー
商品、情報・サービスのマーケットプレイス

個人や投資家の皆様と、遊休地や空家の所有者、不動産会社、
再生エネルギー関連企業、太陽光発電における施工店をつなぎます。

装飾
脱炭素デキルくん

「脱炭素」なの?

詳細を見る

2015年に、2020年以降の温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」が採択され、世界共通の目標として、世界の平均気温上昇を産業革命以前に比べて2℃より十分低く保ち、1.5℃に抑える努力をすること、21世紀後半には温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすることが打ち出されました。その後、2020年10月に、我が国は2050年カーボンニュートラル宣言を行い、2021年4月には、2030年度に温室効果ガスを2013年度から46%削減を目指すこと、さらに50%の高みに向けて挑戦を続けていくことを表明しました。46%削減は、これまでの目標を7割以上引き上げるものであり、決して容易なものではありません。今後、脱炭素社会への取り組みが活発化することが予測されます。実は、個人の暮らしにも脱炭素の概念を適用することが可能です。例えば、脱炭素社会に向けて、家庭で使う電気を100%再生可能エネルギーに切り替えることでも脱炭素に貢献できるのです。

脱炭素デキルくん

太陽光発電が
のはなぜ?

詳細を見る

「再生可能エネルギー」と言っても、太陽光発電や地熱発電、風力発電など、その種類は様々です。その中でも、太陽光発電が注目されている背景として、日本が国策として太陽光発電を後押ししている点があります。1970年代のオイルショックを経て、石油に依存しないエネルギー供給が各国で課題となりました。日本では、1980年に『ソーラーシステム普及促進融資制度』が制定され、個人が住宅にソーラーシステムを設置する際、設置資金の融資を低利で受けられました。また、2012年には『固定価格買取(FIT)制度』が制定され、日本で太陽光発電が一気に普及しました。電力の買取制度は、1992年に電力会社による自主的な取り組みとして始まりましたが、2009年には全ての電力会社を対象に国から義務付けられることとなりました。
FIT制度により、投資家も巻き込んだ「売電事業」が著しく拡大します。それまで太陽光発電は住宅用システムが中心でした。しかし、メガソーラーなど大規模発電設備の設置が相次ぎ、また、一般家庭の人々の間に太陽光発電の利益性が認知されるようになったことで、「売電のため」「環境のため」に太陽光発電を購入することが一般的な手段となりました。また、近年は技術革新が進み、低コストかつ高い変換率をもつ設備が増えている点も、太陽光発電の普及を後押ししています。政府の後押しと技術革新が、太陽光発電が注目される主な背景です。

脱炭素デキルくん

脱炭素デキルくんの
は?

詳細を見る

現在、政府は 2050 年カーボンニュートラルの実現に向けて、「グリーン成長戦略」の策定等、大胆な投資によるイノベーションの創出を加速させています。他方で目標実現に向けた課題として、脱炭素の取り組みにおいては、現状は供給サイドが大企業中心となっており、個人においては、使用するエネルギーで、環境や社会において脱炭素に取り組むにも情報の不足や、太陽光発電設備の導入を希望しない理由として、導入における費用面での不安があります。
そのような背景から当社は、「脱炭素デキルくん」を通じて、誰でも参画しやすい、情報やサービスの企画によりクリーンエネルギーを生み出し、当社及び登録企業の開発する商品サービスを、より多くの人にお届けすることで、個人参加型、持続可能エネルギー社会の実現を目指します。

よくある質問QUESTION

Q1脱炭素によって、どのようなメリットがありますか?

脱炭素は、地球に優しいというだけでなく、私たちの暮らしにも関係しています。
例えば、脱炭素を目指す上で、まず二酸化炭素を排出しない再生可能エネルギーの活用があげられます。日本はエネルギー資源の乏しい国のため、多くを化石燃料の輸入に依存しています。その額は毎年約20兆円にも上ると言われ、日本の国家予算約100兆円の20%という大きな額になっています。このエネルギーの一部でも再生可能エネルギ―で賄うことができれば、化石燃料購入のために国外へ流れていたお金は、国内に還流され、日本や地域経済活性化につながります。再生可能エネルギーを活用することは、環境に配慮しながらも自国の電力自給率向上、地域経済の活性化にもつながるのです。

Q2脱炭素のために、どんなことができるのでしょうか?

コンセントの向こう側、どんなエネルギーを使っているのか考えたことはありますか?
脱炭素のために、まずは今使っている「エネルギーを見直す」ことが大切です。

自宅やオフィスに太陽光発電を設置するなど、二酸化炭素を排出しない再生可能エネルギーの導入で温室効果ガス削減に貢献することもとても効果的ですが、誰でもできる行動、できるだけエネルギーを使わない「省エネ」心がけることも脱炭素につながっています。

脱炭素社会を実現するためには、一人一人の意識や行動が必要です。
普段の生活でもできることがたくさんあります。(詳しくは「脱炭素につながる30個のアクションとは?」をご覧ください。)
個人参加型で脱炭素社会の実現を目指しましょう。

Q3脱炭素のために、太陽光発電を取り入れてみたいのですが、相談できますか?

もちろんできます。詳しくは「お問い合わせ」>フォームより、お気軽にお問合せください。

※地域などの条件により対応が難しい場合がございます。詳しくはお問合せください。

Q4脱炭素に関して知見を増やしたいです。役立つ情報・ツールはありますか?

「教えて!脱炭素デキルくん!」のコラムでは、脱炭素に関する注目情報や取り組みなどをご紹介しています。
LINEやメルマガ登録をしていただくと、新着情報がいち早く届きますので、ぜひご活用ください。
なお、取り上げるテーマのリクエスト等がありましたら、「お問い合わせ」より投稿ください。記事作成のご参考とさせていただきます。